会社設立の流れと登記に必要なもの

仕事をしている人であれば、一度は頭をよぎることがあるかもしれないのが独立して会社設立ではないだろうか。しかし会社設立はやはりそれを生業とするものでなければ、時間的、費用的、作業量的など色々な点で面倒なことが多いように思われる。会社を設立するのには、必ず法人として登記しなければいけない。そうすることで法人格を持つことができ、会社として営業することができる。その登記が完了するまでにはいくつかの手順や必要なものがある。まずは定款をつくらなければいけない。定款とは設立する会社をどのような営業内容にするのか、役員は誰なのか、株式発行数は何株なのか、会社の名称、所在地など、いわば会社の骨組みとなる部分を記した書類である。そしてその定款を作るために必要なものが、会社の印鑑、資本金、役員の実印、役員の印鑑証明と住民票などである。それらの多くの準備物と登記のための費用が少なくとも20万円程度を用意し、一か月から二か月程度の期間をかけて申請の手続きをすることで、やっと会社を設立することができる。これだけでなかなか面倒な気もするが、会社が設立してからの方が苦労が多いのは容易に想像できる。そう考えると、安易に会社をつくろうという気になれないのも仕方がないのではないだろうか。

会社設立と登記を行う場合のポイントについて

個人で事業を行う場合には、個人事業主として営業を行うことになりますが、会社形式をして事業を行う場合には、会社設立に必要な手続きを行うことが必要になります。実際に多くの場合には、会社形式の方が有利なことが多いのですが、特に社会的信用という面においては、法人としての会社の方が信用度が大幅に上がります。また、銀行などの金融機関から借り入れを行う場合などについても、会社形式である方が融資などを受けやすいことから、事業規模がある程度大きくなった場合には法人として会社設立を行うことが経営場も有利となります。この会社の設立については法務局への登記が必要であり、必要事項を満たすことで、初めて法人として認められるのです。実際に法務局へ登記を行う場合には、司法書士などの専門家に依頼することが多いのですが、自分自身でも手続きを行うことも可能です。この手続きについてはホームページや書籍などで情報を簡単に手に入れることが出来るため、お金を掛けずに会社を設立することが可能となります。このような会社の設立については、業務範囲が重要であり、会社の目的となる業務範囲については、今後展開する新規事業を含めて定款を作成することが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*